2005年08月06日

エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ

Che_Guevara.jpg

ちょっと前に「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観たんだけど、
今度のはエルネストよりも寧ろフィデル・カストロが主人公といった様相。

どうしても違和感を感じてしまうのが、これは仕方ないんだけど、アメリカ産のためスペイン語ではなく英語であるという事。
「モーターサイクル…」で感じられた「雰囲気」とか「風」があまり感じられなかった事は残念。

それにしても相変わらずガエル・ガルシア・ベルナルはエルネストに良くハマル!
コレほど歴史上の人物にハマってんのは「ガンディー」のベン・キングスレイとタメを張ると言っても過言では無いよホント。

それではマイ・インプレッシブシーンをば

○エルネスト、捕虜を射殺。
「キューバの裏切り者め!」って殺すのかヨ!
○エルネスト、やたらと処刑を提案。
「革命の邪魔をするものは…」って恩人じゃねーかヨ!
○独裁者バティスタが国外へ。
その時国が動いたってか?やったぜ!
○フルシチョフがミサイル基地撤退へ。
その時歴史がうごいたってか?うろたえまくり。ドイツ軍人はうろたえないィィ…
○フィデル・カストロ、昔を懐かしむ。
こういう哀愁系のシーンには弱いんだよね。

しかしやはり「革命家」としてのエルネストを描いた映画よりも、
「旅人」としてのエルネストを描いた「モーター…」のほうが俺は好きだな…
『旅』っていいよね。

今日のsakusaku

練馬… ねぎま… もう一本!いや、もう2本!


とあるクルヴァより

monro.gif

名称:山形モンロウ

独創的な造型が特徴。ちなみに着ぐるみにした場合「中の人」ではなく「黒幕」が必要。また、ふわふわ系の有名マペットであるため、FIFA(Federation International Fuwa-fuwa kei Assosiation)の上級組織・元老院議会の承諾を得なければいけないのがネック。ちょっと毒舌。





posted by Dinamo_Sayama at 02:46| モスクワ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺もこの映画借りてきて見ましたよ。モーターサイクルダイアリーと続けて見たんでちょっと印象よくないっすね。チェさんの変貌ぶりにビックリしてしまいました。処刑提案しすぎですよね。
Posted by gas at 2005年08月20日 01:38
クーバ危機って
ユナイテッドステーツ側から、サユース・サヴェーツキフ・サツィアリスチーチェスキフ・リスプーブリクことCCCP側からは良く語られているけど、当のクーバを題材にしたものってあまり聞いた事無いんだよ。
インターネイショナルにヤベー危機だってのに呑気にハバナふかしているフィデルらが妙にリーアルで面白かったね。
Posted by oono at 2005年08月22日 08:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5658786

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。