2005年04月18日

USA! USA!

20_USAVENGBIG.gif
今日は衆議院議員先生(今はどうだか知らんけど)の話を聞いた。
青木君がどうだとか小泉君がどうだとかいう話のスケールの大きさはやっぱり面白かったね。
沖縄返還はケネディ弟の大隈講演から始まっただとか、ホント興味深かった!
(授業開始が遅く、終了が早いのも高POINT!)

さて、そんなケネディ弟の国、ABD(Amerika Birlesik Devletleri)ことUS。
サッカーの、それもサポーター・シーンについてはかなり謎なお国。

果たしてどんな形態をとっているのだろうか?
やはりイギリス繋がりでKOP系?
それとも南米のHINCHA系?
イタリア式の統制が取れたULTRA系?


日本におけるMLSチームの認知度では上位に来るであろうシカゴ・ファイアーに焦点を当ててみよう。

Fire Ultras '98
supporters1.jpg
シカゴはポーランド系の住民が多く、その彼らが設立したウルトラ・サポーター団体らしい。

「人数は少ないが良く統制がとれた、コアなヤツらで、多くのダンマク、旗などのTIFOヴィジュアルを演出する。しかし最も重要なのは彼らのリーダーシップとストロングボイス」なんだそうだ。

要するに「本場」だってことなんだろう。うーん、ビスワ・クラコフ?


Burn Burners 1871
banner1.jpg
1871!?あのBBBですら1950よ?なんだか由来があるんだろうけど英語読むの面倒臭いからやめよう。(あのPEPSIはどっかで見た気が…)

Section8
S8Csoldierfield.gif

ここが最大派閥らしく、上記の団体やその他いろいろなFAN CLUBを取り込んだ集合体のようだ。
(UBみたいな感じか?それともSTUことShimizu Tifo United?)

「ノン−ストップチャント、シンギング、ドラム・ビーティング、フラッグ・ウェーヴィング、
ェアーンド、カラフル・ディスプレイズ」
なんだそうだ。


レッツ・シンギング!

ブリッツクリーク・ボップ、仙台レッツゴー

Fire fire firefirefire...

ツェッッペリ-ン ドラムが斬新過ぎる…

Butした時に肩を組んで、小刻みにJUMPするらしい。そういやコッチもLololo...なんだ。

掛け合い式も完備

これも
普通
なんだけどアメリカンがやってるってのはイマイチ想像できないな。

どうやらシカゴファイアーはULTRA系、ヨーロッパの流れを汲んでいるようだ。
これがまたヒスパニックなどの南米系住民が多い地域だとどう変わってくるのか?
なにかと話題が絶えないアメリカだが、こんな視点から見るのもたまにはいいじゃないかな。




posted by Dinamo_Sayama at 15:47| モスクワ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
開いた途端、音が出てきて吃驚っす。
シカゴファイアーって初めて聞きましたよ。日本人にはLAGがおあつらえ向きです。
ツェペリンは初めて聴いたなぁ。結構使えそうです念。
Posted by mijac at 2005年04月20日 00:41
太鼓の難易度がスーペルだけどね
Posted by oono at 2005年04月20日 00:43
太鼓はスネアをバチ2本で叩いてるみたいですよね。
2本使えば、ツェッペリンのリズムも大してムズくないっすよ。まあ俺は1本がいいですけど。
Posted by トデニスタ at 2005年04月29日 01:51
太鼓の難易度はスーペルでもないのね
Posted by oono at 2005年04月30日 14:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。