2006年11月23日

The Invisible

現実は痛切である。あらゆる甘さが排斥される。
現実は予想できぬ豹変をする。あらゆる平衡は早晩打破せられる。
現実は複雑である。あらゆる早合点は禁物である。

現実はその根底において、
常に簡単な法則に従って動いているのである。
達人のみがそれを洞察する。

現実はその根底において、
常に調和している。
詩人のみがこれを発見する。

達人は少ない。
詩人も少ない。
われわれ凡人はどうしても現実にとらわれ過ぎる傾向がある。
 
そして現実のように豹変し、現実のように複雑になり、現実のように不安になる。
そして現実の背後に、
より広大な真実の世界が横たわっていることに気づかないのである。

現実のほかにどこに真実があるかと問うことなかれ。
真実はやがて現実となるのである。

近代物理学は、
未来のことははっきりとはわからないのが本当だという。
そうだとするとわれわれの未来に対する冒険は
いつになってもなくならないと覚悟せねばならぬ。
しかしそこにこそ希望があるわけである。

科学は絶えず進歩している。常に明日の飛躍が約束されている。
物理学にとっても今日もまた過渡期でないと、誰が言えるだろうか。

物みなの底に一つの法ありと日にけに深く思い入りつゝ



物理学とか宇宙関連の学問とかって結構好きなんです。全然分からないけどね。
神秘さとか、どうしようもない寂しさみたいのが感じられてね。

まあ、そんなのは全然関係ないんだけど、今日はガラにもなくイラついちゃってね。
誰かが、ゴール裏に女は来るな!って言ってたけど、本当、そう思っちゃうよ。
くだらないよね。たかがサッカーならまだしも、たかがサッカーのたかが観客にいちいちイラつかなきゃいけないんなんてね。
それで、たかが応援の扇動者の近くに移動しただけで気分良くなっちゃうんだから。
まだサッカーなんぞにうつつをぬかしている。資格も何もやっていない。現実は直ぐそこまでやってきているってのに。

現実は甘くない、社会は甘くないって言う。
いや、まったくごもっとも。しかしなあ…

現実は痛切である。あらゆる甘さが排斥される。
現実は予想できぬ豹変をする。あらゆる平衡は早晩打破せられる。
現実は複雑である。あらゆる早合点は禁物である。


この文言、ホント感心させられる。『あらゆる』なんだよね…
posted by Dinamo_Sayama at 23:45| モスクワ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。