2005年04月01日

ヤバーニー

勝ってホッとしたバーレーン戦!トルコも2連勝。エカッタエカッタ。


バーレーン戦はもちろんTVで観てたわけだけど、最後まであまりスタジアムの熱を感じる事はなかったですね。
結局、それほど真剣じゃない、ってことに尽きるんではないでしょうか。

でもまあ今はそれでいいじゃないかな、代表は。
今の日本代表ってのは敷居の低い、日本人みなWilkommenって状態だし、僕はそうあるべきだと思うしね。

ちょっとサッカー見たいな、なんて人にとっては今のJリーグはやはり敷居が高い。
というのもプロサッカーっていうモノは『オラが街に対する誇り』が一番のベースなわけでしょ。
                                          ラシーヌ
この『オラが街に対する誇り』即ち自分の住んでいる土地に根ざす『根』
                                            デラシネ
現代日本人、というより東京首都圏の人間は特にそういったものの薄い『根無し』であると言えるじゃないかな。                   
俺だって『根』が無いから毎日狭山だ浦和だ言って必死に根をおろそうとしている訳だから。

そうなれば根の無い人々が(元々祭り好きの日本人の血と相まって)敷居の低くて、お祭り騒ぎが出来る代表戦に流れていくのはしょうがない事であるし、
地域に対する根が無いって事は当然国に対しての根もあやふや≒真剣度が低い
って事になってしまうんではないかと…

土壌はここ十余年で出来上がって来ているワケだから、あと必要なのは根を下ろす時間なんじゃないかな。そうなりゃ自然と雰囲気も変わってくるさ・・・
海外のヤツラがとんでもねー雰囲気を作り出すのは彼らが極太の根下ろしてるからって思いますよ僕は。


何書いてんだか…
都市論取りたかったのに今年は前後期休みだってよ!商学部メルダ!
posted by Dinamo_Sayama at 04:41| モスクワ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オレも気になるよアサリさん!

gsbsb67.jpg

たしかに気になる。
『モ・ニ・ワ』ならぬ
                   
『ソ・ン・グ』とか『ト・マ・ス』とか『コン・セイ・サオ
とかいってんのかね?


そうそう、G.sarayの古いエンブレムね↓
gssakarya16.jpg

『3』の逆みたいなヤツがたぶん「ガイン(Ghayn)」で
鍵みたいなヤツがおそらく「スィーン(Sin)」
これで晴れて「GS」
ちなみに「Her sey senden sonra gelir」ってのは
「お前に全てをささげる」的な意味だと思います。
こんなダンマク持って行進したら最高だね。ポーポロッポッポー



さらに話が逸れるけど、いつまでたっても
signs1024.jpeg

6−0を引っ張る我らがF.bahce

いい加減イラついてきたのかジンボンルも
『GS 7-0 FB』との題で「1911年1月30日に7−0で勝ったニダ」と主張しているらしい。

要するに俺が言いたいのは『フェネルバフチェ』のフェネルってのは『ランプ』って意味だってことなんだよ。FENERBAHCE、ランプ庭園?
posted by Dinamo_Sayama at 02:13| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。